アメリカと日本のバーベキューの違い

バナー

アメリカと日本のバーベキューの違い

主に野外で、ガスや薪などを用いて直火で素材を焼く料理のことをバーベキューと言います。

語源はタイノ族という西インド諸島の先住民が肉の丸焼きをするために使っていた木枠の名前で、それが転化して丸焼きを意味する「barbacoa」という言葉になりました。

NAVERまとめについての知識を高めてもらうためのサイトです。

南部アメリカには低温で時間をかけて豚を丸焼きにするという習慣があるのですが、家族だけでは食べ切れないため近所の人などが野外に集まって大人数で食事を共にしていました。
この習慣から野外での調理のことを「バーベキュー」と呼ぶようになったのです。



アメリカを始めとする英語圏では「BBQ」と略されることがあり、日本でも「バーベQ」と表記されることがあります。

バーベキューは庭やベランダの他、河川敷や海岸などでレジャーのお供として行われることも多く、アメリカではバーベキューコンテストも多数開催されています。

なお、料理を行う人のことを「ピットマスター」と呼びますが、この言葉は日本ではあまり普及していません。

焼き方には様々な種類がありますが、日本で最もオーソドックスなのが食材を網の上などにのせて直接加熱する直火焼きです。
アメリカでは放射熱を利用したローストが用いられることが多いです。赤外線で焼く遠火焼きや、木材を使う燻製などもあります。

多摩川のバーベキューの情報を今すぐ確認できます。

日本では焼いた後に市販のたれなどを使って味付けをすることが多く、凝り性の人などは自分でソースを作ることもあります。

一方アメリカでは味付けをした後に焼くことが多いです。

Copyright (C) 2015 アメリカと日本のバーベキューの違い All Rights Reserved.